新着情報

新着情報

お供えに人気のお花・避けた方がよいお花 2019.07.26

お盆を控えた今回は、お供えに人気のお花・避けた方がよいお花について紹介します。


【人気・定番のお花】

◆菊…古くから仏花として使われてきました。たくさんの品種があり、組み合わせても美しいです。花言葉には「清浄」というのもあり、弔事に贈る花としては最適です。
 

◆リンドウ…「枕草子」にも記述があるほど、古くから愛されてきた花です。茎が直立し、花が大きく開かないのが特徴で、アレンジに使いやすい花としても人気があります。
 

◆グラジオラス…形がシャープで、崩れることがなく、儀式の花として重宝されています。
 

◆ユリ…「万葉集」にも記述が、古くから愛されてきた花です。美しい花の代表格で、白でも存在感があります。
 

◆カーネーション…リーズナブルで花持ちがよい人気の花です。淡い色から濃い色まで様々な色があり、他の花との相性も抜群です。
 

◆トルコキキョウ…多彩な色がありますが、特に紫色が美しくお盆の花としても人気があります。



【避けた方がよいお花】

◆トゲのあるお花…バラ、アザミなどトゲのあるお花は殺生のイメージにつながるため不向きといわれています。ただし、どうしてもお供えしたい場合は、トゲを取り除き、香りの控えめなものを選ぶようにしましょう。


◆毒のあるお花…水仙やヒガンバナ、シャクナゲなどは毒のある植物です。後々お花を片付ける人に危険が及んでは大変ですし、小さなお子さんやペットが触れてしまう恐れもありますので避けましょう。